名古屋のゴミルール
0

名古屋のゴミルールと生活事情

名古屋のゴミルール

名古屋のゴミルールと生活事情

名古屋市は大都市だけあって、ゴミルールは細かく分けられており、また、特殊なゴミ回収なども行っています。

まずは、燃えるゴミです。名古屋市の燃えるゴミが範囲が比較的広く、生ごみ類、草や小枝、紙くず、繊維、革に加え、ゴム類も含まれ、また100%プラスチック製品や、大半がプラスチックである金属との複合製品やコンセントを使わない小型の電気製品も燃えるゴミに含まれます。
名古屋のゴミルール

収集は週二度、地域によって曜日が変わり、原則各戸収集となっています。

不燃ゴミについては月一度、これも地域によって日付は異なります。金属製品、または大半が金属でできているもの、コンセントの付いた小型の電気製品、ガラス、陶磁器類が当てはまります。

そして資源ゴミですが、プラスチック製容器包装マークのついた紙包装、容器とプラスチック包装、容器、さらにペットボトルを別々に分けて出します。

また、空きビン、空き缶は地区ごとのゴミステーションに用意されるカゴなどに入れることになっています。

ちなみにゴミを出すための袋は専用のものとなっており、市内の店舗で販売されています。また粗大ゴミは事前申請が必要で、月一度の収集となります。